赤ちゃんの日焼け止め対策をご紹介いたします。

赤ちゃんの日焼け止め対策

赤ちゃんの日焼け止めは必要?

赤ちゃんを連れて外出するときは紫外線対策を行わなければなりません。皮膚が薄くバリア機能が弱い赤ちゃんの肌にとって、紫外線を浴びることは大人の何倍も危険なことだからです。仮に直射日光を浴びてしまったりすると、火傷をしたり水ぶくれになったりしてしまうことすらあります。
紫外線対策は月齢が低ければ低いほど重要になるため、赤ちゃんを連れて病院に行かなければならなくなったときのために、新生児のうちから日焼け止めを用意しておきましょう。そして日焼け止めを塗った上で、日差しの弱い時間帯を選んで外出することや、日陰を選んで行動することも大切です。ベビーカーにUVカットの布をつけたり、帽子を被せたりするのもいいでしょう。

赤ちゃんに日焼け止めを正しく塗る方法は?

ちゃんに日焼け止めを塗るときに注意しなければならないポイントは、露出する部分にまんべんなく均等に塗ることです。そして汗をかくと日焼け止めは落ちてしまうので、長時間外出するときには、1〜2時間ごとに汗を拭き取り、その後日焼け止めを塗り直しましょう。各部位ごとに正しく塗るための方法は以下の通りです。

まずクリームであれば小豆大ほど、ローションタイプであれば1円玉くらいの量を手に取って、おでこ・鼻の頭・頬・顎に少しずつのせます。それを少しずつ均等に伸ばしていき、最後は顔全体にくまなく広がるようにします。そしてもう一度同じ量を手に取って重ね塗りします。鼻や耳の周り、首にも忘れずにしっかり塗ってください。

手足

クリームやローションを顔に塗ったときよりも少し量を多めに取って、二の腕の上部にのせ、それを肘から手首まで回すようにしながら塗っていきます。足も同じように太ももから足首に向けて塗り込んでいきましょう。外側だけでなく内側にもまんべんなく広げながら隅々まで塗ってください。

日焼け止めを塗った日には、家に帰ってお風呂に入れるときに、しっかり日焼け止めを落とすよう意識して洗ってあげましょう。日焼け止めを塗った部分はボディーソープや石鹸をつけて落とします。日焼け止めのタイプによっては落とし方が違う場合もありますので、各製品の使用上の注意をよく読んで使ってください。

赤ちゃんに日焼け止めを使うときの注意点

外出時には必ず日焼け止めを使わなければならない反面、赤ちゃんの皮膚は敏感なので日焼け止めなら何でもいいわけではありません。第一に月齢に合ったものを使う必要がありますので、赤ちゃん用、ベビー用と明記されているもの、そして使用可能な月齢をチェックしてから買うようにしてください。日焼け止めの強さを表すSPFやPAなどの数値も要チェックです。
さらに、月齢が合っていれば必ず問題なく使えるかどうかはわかりません。日焼け止めを塗って外出する前に、必ずパッチテストを行ってみましょう。合うものが見つからない場合は、小児科や皮膚科で相談することもできます。