乳児湿疹の原因と対策をご紹介いたします。

乳児湿疹の原因とベビーローション等での対策

乳児湿疹とは?

乳児湿疹とは乳児期に起こる湿疹のことで、乳児乾燥性湿疹や乳児脂漏性湿疹などがあります。乳児に起こる肌トラブルという広い意味では、あせもやおむつかぶれ、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーによる湿疹、新生児ニキビなども含まれます。
いずれも肌のバリア機能がまだ弱いことから起こるものですが、それを引き起こす直接的な要因は湿疹の種類によって様々で、適切なケアの方法も症状によって異なります。肌のバリア機能が確立される1〜2歳頃までは注意が必要です。

乳児湿疹の原因はいろいろ

乳児乾燥性湿疹

大量に皮脂が分泌される生後2〜3ヶ月が過ぎ、急激に皮膚が乾燥し始める頃に起こりやすいのがこの乾燥性湿疹です。皮脂欠乏性湿疹とも呼ばれます。もともと大人よりも皮膚が薄くバリア機能が弱い赤ちゃんの皮膚は、乾燥することによってさらにバリア機能が落ち、ほんのちょっとした刺激にも耐えられずに炎症やかゆみを起こしてしまいます。特に外気に触れると乾燥が起こりやすいため、おでこやお腹、背中など、皮膚面積が広い部分や、露出の多い手足などによく発症します。皮膚がカサカサになり、かくことで湿疹が出ます。

乳児脂漏性湿疹

脂漏性湿疹は、乾燥性湿疹とは逆に大量に皮脂が分泌される生後2〜3ヶ月の頃に起こりやすい症状です。新生児のときに皮脂の分泌量が多い部分、すなわち顔や頭部によく発症します。特に耳の周辺や頭皮、おでこ、眉毛の中など、お風呂に入れたときに十分に皮脂や汚れなどを落としきれなかった部分に赤や黄色の湿度の高い湿疹ができ、黄色いかさぶたのようになります。毛穴が未発達で詰まりやすいのも原因の1つと言われています。

この他にも、広義での乳児湿疹に含まれる「新生児ニキビ」は生後1週間から1ヶ月の間に皮脂の分泌過多によって顔全体に赤いブツブツができ、「アトピー性皮膚炎」は遺伝あるいは乾燥などが原因で乳児脂漏性湿疹とよく似た症状をくり返します。あせもの原因については「赤ちゃんのあせも予防と対処法」を、おむつかぶれの原因については「赤ちゃんのおむつかぶれ予防と対処法」を参照してください。

乳児湿疹の治療

赤ちゃんの肌に湿疹が見られたら、まずは自分で判断せずに小児科あるいは皮膚科のお医者さんに診せに行きましょう。乳児湿疹にはたくさんの種類があり、それによって適切な処置も変わってきます。乳児の状態は刻一刻と変化するので、数ヶ月前に似たような症状が出たからといって、前にもらった薬で対処するのもやめておきましょう。その時の状態を必ずお医者さんに一度診てもらい、外用薬や塗り薬など適切な対処をしてもらうのがいいでしょう。

乳児湿疹の予防

乳児湿疹が出ないよう、普段から気をつけられることはやはり赤ちゃんの肌を清潔に保つことです。とにかく汗を大量にかくので着がえをこまめにし、またお風呂では必ずベビー用のボディシャンプーを使って顔や身体をしっかり洗います。この時に洗い残しや拭き残しがあると湿疹につながりやすいので十分に注意してください。そして入浴後はベビーローションでしっかり保湿することを忘れないようにしましょう。