赤ちゃんのおむつかぶれ予防と対処法をご紹介いたします。

赤ちゃんのおむつかぶれ予防とベビーローション等での対処法

赤ちゃんのおしりがかぶれる原因

大人はパンツを履いていてもかぶれないのに、赤ちゃんのおむつかぶれはどうして起こるのでしょうか。考えられる原因としては以下の3点があります。

  1. 刺激
  2. 蒸れ
  3. お肌の乾燥

おむつかぶれは医学的には「おむつ皮膚炎」と言われ、アンモニアや酵素の刺激によって皮膚が炎症を起こし、赤くなったり湿疹が出たりするものです。つまり上記の3点のいずれかと、おむつの中にたまった尿に含まれる成分が合わさっておむつかぶれを発症するというワケですね。かゆみや痛みを伴うため、おしりを拭いたり入浴時にお湯をかけたりすると赤ちゃんが痛がって泣くため、それで気がつくといったことも少なくないようです。
おしっこをしたおむつをそのまま長時間つけていればいるほど、おむつかぶれのリスクは上がっていくとも言えるでしょう。おむつかぶれを起こさないためには、まずおむつをこまめにかえてあげることがとても重要です。

赤ちゃんのおしりがかぶれてしまったら?

おしり拭きを変えてみる

おむつかぶれを起こしてしまったら、対処の方法としてまずおしり拭きを換えてみましょう。赤ちゃんのおしり拭きには、濡れティッシュのようなおしり拭き専用シートを使う、コットンを濡らして拭く、おしりを洗う、といった手段がありますね。忙しいママはおしり拭きシートを使っている人も多いと思いますが、市販のシートの刺激が肌に良くない場合も考えられます。かぶれた時点でシートを使用していた場合は、炎症が治るまでは毎回ぬるま湯で洗うようにする、外出時はコットンを濡らして使うなど、手段を変えてみるのも1つの対策になります。

ベビーローションやベビーオイルで保湿

おむつかぶれを発症したら、まずかぶれて炎症を起こしている部分を保湿しなければなりません。炎症がひどい場合は病院へ行って抗炎症剤やステロイド剤など、適切な塗り薬を処方してもらってください。ただし軽度の場合はベビーオイルやベビーローションで油分を補給すれば、雑菌が皮膚に吸収されるのを防ぐことができ、かぶれはしだいに治まってきます。また、かぶれてしまう原因の1つに乾燥があります。おむつがあたる箇所は特に念入りに保湿しておくことで、おむつかぶれを防ぐこともでき、またすでにかぶれてしまった場合は炎症を早めに抑えることができるでしょう。

おむつを変えてみる

おむつには紙おむつと布おむつがあり、赤ちゃんの肌には布おむつのほうがいいと言う説もありましたが、昨今は紙おむつの性能がアップして、肌への優しさという点においてはこの2つの差異は縮まって来ています。それよりも重要なのは、おむつのサイズやフィット感、肌触り、そして吸収力。サイズがピッタリでフィット感があり、肌触りが良いおむつをつけているとこすれのリスクが激減し、吸収力が高いと炎症の原因となる雑菌のリスクが減ります。現状でよくおむつかぶれになるという場合は、おむつを変えてみるのが最大の解決方法かもしれません。そしてどんなおむつでも、交換をこまめに行うことがおむつかぶれを防ぐためのいちばんの対策であるということを忘れずに。